「萬」 知財萬屋

 ホーム |公報類 | | | |発明推進協会HPへ
02.20 996(要旨見本)〜997を追加しました
02.19 2018年2月号を掲載しました
02.16 韓国公開特実統計(2018年2月12〜2月16日分)を掲載しました
01.31 判決抄録インデックス一覧に512号WEBデータを掲載しました
01.30 中国知財関連ニュース2018年第1期(2018年1月号)を掲載しました
06.12 2017.06.08発行分を掲載しました
12.30 米国判例及び提訴情報(12月23日収集分)を掲載しました

ページ下部のおまけの特許情報コーナー更新(マレーシア特許リスト(2016年10〜12月分))


[PR]
総合法律情報データベース 「TKCローライブラリー」  今、知財業務に携わる多くの専門家に選ばれています。  知財判例、特許庁審決など35万件超収録!  総合法律情報データベース 「TKCローライブラリー
今、知財業務に携わる多くの専門家に選ばれています。
知財判例、特許庁審決など35万件超収録!
 華誠は、250名以上のエキスパートが法律事務所と知的財産権代理会社に専門チームを編成し、全方位・高品質のサービスの提供を堅持することで、中国トップクラスの事務専門集団との評価を頂いております。
50年以上にわたり知的財産関連サービスを提供するRWSは、特許翻訳では世界最大規模であり、グループ全体で年間5万件超の翻訳を手がけています。また、スペシャリストによる海外特許調査や国際特許データベース「PatBase」も提供しています。  50年以上にわたり知的財産関連サービスを提供するRWSは、特許翻訳では世界最大規模であり、グループ全体で年間5万件超の翻訳を手がけます。また、スペシャリストによる海外特許調査や国際特許データベース「PatBase」も提供しています。
広告等に関するお問合せはこちらから  広告等に関するお問い合わせはこちらから


2017.12.25 「Intellectual Property Law in Japan」を発行しました。3,240円(税込)

公開技報WEB & ホームページ登録サービス 簡便な掲載申込、効果的な後願排除調査・マップ・研修・翻訳・コンサルティング 知的財産ンワンストップサービス知的財産判決速報web 30年以上のデータを収録
新刊続々、発明協会発行の書籍
Intellectual Property Law in Japan
茶園 成樹 著
3,240 円

近年、知的財産は、社会においてその重要性を高めており、これに伴い、知的財産法に関する知識を備えた人材がますます必要となってきています。
本書は、2010年に知的財産法の全学的な教育・研究拠点として設立された、国立大学法人大阪大学 知的財産センターのスタッフにより、日本の知的財産法の基礎を解説した『知的財産法入門』(第1版:2013年、第2版:2017年)を英訳したものです。
本書によって、多くの方々に日本の知的財産法を理解してもらうことを期待しています。

競争力を高めるバイオ医薬系クレームドラフティング
特許業務法人志賀国際特許事務所知財実務シリーズ出版委員会 編
1,620 円

バイオテクノロジーは医薬、食糧、エネルギー、環境の各分野で今や欠くことができない技術となっています。特に生体分子が主体となりつつある医薬分野では、生命現象を解析し、これを大量生産するために、バイオテクノロジー技術は重要となっています。バイオテクノロジーや医薬の分野は、特許出願数が多くありませんが、それゆえ的確な知財戦略が必須となっています。本書には、バイオテクノロジーや医薬の特許出願のためのノウハウが満載です。

知的財産権訴訟要論 特許編 第7版
竹田稔 松任谷優子 著
5,400 円

本書は、特許(実用新案)の侵害に関連する諸問題について多数の学説・判例を駆使して、詳細に解説しています。今回の第7版では、近年の判例・学説を追加するだけでなく、特許法等の平成26年及び平成27年改正への対応等、大幅な改訂・増補を実施しました。また、医療関連分野における特許保護などいわゆるパンデミック問題についても言及しています。企業の知財関係者、弁理士・弁護士試験受験生を対象とする実務研究書です。

実務家のための知的財産権判例70選 2017年度版
一般社団法人弁理士クラブ知的財産実務研究所 編
3,240 円

2016年度に出された知的財産権に関連する裁判の判決から、注目の判決を厳選して掲載した実務家にとって必読の書です。審決取消事例を含む70件を掲載しています。判決を 1事実関係 2争点 3裁判所の判断 4実務上の指針の4つの視点から解説し、1件を4頁にコンパクトにまとめた判決集です。また、裁判例インデックス、裁判例索引及びキーワード索引がついています!

新米国特許法 対訳付き 2017年版
服部健一 著
3,780 円

新米国特許法(AIA)は2011年9 月16日に制定されてから数年以上実施されて、米国特許商標庁は必要な審査ガイドライン、運用基準、施行規則、審査官用トレーニング資料、AIA 統計資料等を整備し、連邦裁判所もいくつかの判例を出してきたので審査のあり方は明らかになってきています。
本書は、判例を入れて体系的に整理し、米国特許商標庁発行の最新資料、情報を取り入れてわかり易く取りまとめています。今後の法改正の重要点である101条特許主題、102条公表の定義、当事者系/登録後レビュー等の改正提案の内容も紹介しています。参考として日米欧特許法比較や米国特許法基本問題(クレーム解釈、有効性、不公正行為、侵害)の法解釈のあり方の解説を追加し、内容を充実させています。

知財担当者になったら読むべき本
大石憲一 著
1,900 円

知財業務自体が知的財産を扱うという仕事の性質上、秘密裏にかつ少人数で行われるため、業務内容が広く周知されず、また専門的で特殊であることから余計に分かりにくいという苦手意識を持つ方も多くいます。
本書は、知財業務のノウハウを、この業界に20年以上いる著者が事例も挙げ、分かりやすく解説しています。
これから知財担当者になる方、知財担当になったが知財業務の進め方がよく分からないという方には必見です。
この本を読めば、苦手意識も解けるはずです。

平成28年改正知的財産権法文集平成29年5月30日施行版
発明推進協会 編
2,400 円

本書は、本年5月30日に施行された「行政機関等の保有する個人情報の適正かつ効果的な活用による新たな産業の創出並びに活力ある経済社会及び豊かな国民生活の実現に資するための関係法律の整備に関する法律(平成28年法律51号)」を組込み、6月2日に公布された「民法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成29年法律45号)」などの情報を表示し、さらに「特定農林水産物等の名称の保護に関する法律」も収録しています。平成29年5月30日に施行されている知的財産権に関連する法律・条約等を全般的に網羅した携帯に便利な法文集です。

おまけの特許情報はこちらから!
[PR]
http://www.rws.com/JP/
IPニュース リンク

2018.02.22
【神奈川発 輝く】レーベン販売 野菜ピーラー、利用者目線で多くの工夫
(SankeiBiz)

2018.02.21
サムスン、ドローンとディスプレイを合体させて特許取得--空飛ぶ画面で常に見やすく
(CNET Japan)

2018.02.21
トヨタ、モーター用の新磁石開発 高価レアアース使用半減、電動車普及に弾み
(SankeiBiz)

2018.02.21
メルク株下落−ギリアドには2700億円支払い義務との陪審認定破棄で
(ブルームバーグ)

2018.02.20
熊本県、地元企業の「くまモン」利用優遇へ 海外企業の利用解禁で反発受け
(SankeiBiz)

2018.02.20
「八丁味噌」GI登録で対立 愛知県内の2組合 中国も商標出願
(SankeiBiz)

2018.02.20
成功するプロダクト名とは--未上場有力スタートアップの実例から学ぶネーミング
(CNET Japan)

2018.02.20
NTTが「土に還る電池」開発 レアメタル未使用、生物由来で環境に優しく
(SankeiBiz)

2018.02.19
半導体業界の台風の目となっているQualcommを大解剖(後編)
(マイナビニュース)

2018.02.19
日本のアニメや音楽、その利益を侵害したのは「中国の海賊版?」、「いや、むしろ逆だ」=中国メディア
(サーチナニュース)

2018.02.19
カンボジア、高級米のブランド名統一 輸出増と新市場開拓
(SankeiBiz)

2018.02.19
英再生医療VBが日本進出 がん免疫療法で川崎に拠点
(SankeiBiz)

2018.02.19
5Gの覇権狙うQualcomm、BroadcomとAppleが強襲
(日経テクノロジーオンライン)

2018.02.16
半導体業界の台風の目となっているQualcommを大解剖(前編)
(マイナビニュース)

2018.02.16
任天堂がコロプラの白猫操作法で特許侵害主張、真っ向対立−東京地裁
(ブルームバーグ)

2018.02.16
トランプの「TPP復帰検討示唆」の本気度合い
(WEDGE Infinity)

2018.02.16
【生かせ!知財ビジネス】エンジニア社長・高崎充弘氏に聞く
(SankeiBiz)

2018.02.15
海賊版サイトは「漫画の万引」 単行本売り上げ、落ち込み過去最大
(SankeiBiz)

2018.02.15
ウェイモとUberの電撃的な和解が意味するもの──自動運転の世界に訪れた「新たな時代」の幕開け
(WIRED)

2018.02.15
【エーザイ】特許切れの崖から落ちたまま 次の認知症薬が復活の鍵を握る
(ダイヤモンド・オンライン)

2018.02.15
ネクター、ブリストルとライセンス契約を締結−最大28億ドル相当
(ブルームバーグ)

2018.02.14
「水戸の柔甘ねぎ」GIに登録 ブランド力の向上、生産者の増加を狙う
(SankeiBiz)


最新の特許・情報と知的財産関連の新製品・新技術情報を一堂に網羅する、我が国最大の専門見本市!





 Copyright(C) 2012 Japan Institute for Promoting Invention and Innovation All Rights Reserved