「萬」 知財萬屋

 ホーム |公報類 | | | |
 知財統計情報

 日本公開公報統計

 韓国公開公報統計

 米国登録公報統計

 国際公開公報統計

 
ドイツ公開公報統計






広告募集中!お問合せはこちらから

 日本公開、韓国公開、米国登録、国際公開、ドイツ公開の各公報発行ごとに、主要出願人、分類(IPC)の情報を収集し、統計速報をタイムリーに紹介いたします。
 特定分類や出願人での調査・ウォッチング・翻訳などについては、有償で別途対応しますので、下記又はメールフォームにてご連絡をお待ちしております。

一般社団法人発明推進協会 市場開発チーム

電話 :03-3502-5491
FAX :03-5512-7567
E-mail:



2019年7月8日〜2019年7月12日公開分 2〜4週前の情報は頁下よりご確認ください。

技術分野 内容 件数
G06Q 管理目的,商用目的,金融目的,経営目的,監督目的または予測目的に特に適合したデータ処理システムまたは方法;他に分類されない,管理目的,商用目的,金融目的,経営目的,監督目的または予測目的に特に適合したシステムまたは方法 336
H01L 半導体装置,他に属さない電気的固体装置 255
G06F 電気的デジタルデータ処理 140
A61K 医薬用,歯科用又は化粧用製剤 110
G01N 材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析 72
A61B 診断;手術;個人識別 68
H01M 化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池 65
H04L デジタル情報の伝送,例.電信通信 61
C08L 高分子化合物の組成物 58
G09G 静的手段を用いて可変情報を表示する表示装置の制御のための装置または回路 55
H04N 画像通信,例.テレビジョン 54
A23L A21DまたはA23BからA23Jまでに包含されない食品,食料品,または非アルコール性飲料;その調製または処理,例.加熱調理,栄養改善,物理的処理;食品または食料品の保存一般 52
C23C 金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般 51
H04W 無線通信ネットワーク 43
C07D 複素環式化合物 40
B63B 船舶またはその他の水上浮揚構造物;艤装品 39
F21S 非携帯用の照明装置またはそのシステム 39
C09D コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法 37
B01D 分離 36
B29C プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修 35
技術分野は各案件の筆頭IPCを集計しています。

出願人 件数 うち筆頭件数
BIZMODELINE CO., LTD. 188 188
LGディスプレイ 161 161
サムスン電子 95 93
LGエレクトロニクス 75 75
現代自動車 60 60
KIA MOTORS CORPORATION 60 0
サムスンディスプレイ 53 53
SL Corporation 47 47
大宇造船海洋 41 41
YURA CORPORATION CO.,LTD. 36 35
韓国電子通信研究院 34 34
サムスンSDI 32 32
Korea Institute of Ceramic Engineering and Technology 28 28
LG化学 27 26
ソンウハイテック 27 27
LOTTE ADVANCED MATERIALS CO., LTD. 23 23
KAIST 22 17
ソウル大学校 R&DB財団 20 12
SFA ENGINEERING CORP. 20 20
サムスン重工業 19 19
出願人は各案件の全体及び筆頭の出願人(共同出願を含む)を速報的に集計しているため、同一企業の異名表記等の名寄せはしていませんので、実際の件数と相違する可能性があります。




公開番号 項数 出願人 発明の名称
最多請求項数 1020190083322 239 MESO SCALE TECHNOLOGIES, LLC
[US]
INTEGRATED CONSUMABLE DATA MANAGEMENT SYSTEM & PLATFORM
平均請求項数 11.57




2019年6月24日〜6月28日公開分

2019年6月17日〜6月21日公開分

2019年6月10日〜6月14日公開分

2019年6月3日〜6月7日公開分






 Copyright(C) 2012 Japan Institute for Promoting Invention and Innovation All Rights Reserved