「萬」 知財萬屋

 ホーム |公報類 | | | |
 知財統計情報

 日本公開公報統計

 韓国公開公報統計

 米国登録公報統計

 国際公開公報統計

 ドイツ公開公報統計






広告募集中!お問合せはこちらから


 日本公開、韓国公開、米国登録、国際公開、ドイツ公開の各公報発行ごとに、主要出願人、分類(IPC)の情報を収集し、統計速報をタイムリーに紹介いたします。
 特定分類や出願人での調査・ウォッチング・翻訳などについては、有償で別途対応しますので、下記又はメールフォームにてご連絡をお待ちしております。

一般社団法人発明推進協会 市場開発チーム

電話 :03-3502-5491
FAX :03-5512-7567
E-mail:



2018年5月17日発行分 2〜4週前の情報は頁下よりご確認ください。

技術分野 内容 件数
B60R 他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品 43
B29C プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修 35
H01M 化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池 32
B60W 異なる種類または異なる機能の車両用サブユニットの関連制御;ハイブリッド車両に特に適した制御システム;特定の単一のサブユニットの制御に関するものではない、特定の目的のための道路走行用車両の運動制御システム 31
F16H 伝動装置 31
G06F 電気的デジタルデータ処理 26
F02D 燃焼機関の制御 24
B22F 金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械 22
H01L 半導体装置,他に属さない電気的固体装置 22
B60T 車両用制動制御方式またはそれらの部品;制動制御方式またはそれらの部品一般;車両への制動要素の構成一般;車両が不意に動くのを阻止するためのもち運びできる装置;制動装置の冷却を助長するための車両の改造 21
F16C 軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受 20
H02K 発電機,電動機 20
G01N 材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析 19
F01N 機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置 18
B62D 自動車;付随車 17
B23K ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工 16
F02M 一般の燃焼機関への可燃混合物またはその成分の供給 14
F16D 回転伝達用継ぎ手;クラッチ 14
F16F ばね;緩衝装置;振動減衰手段 14
G08G 交通制御システム 14
H02P 電動機,発電機,回転変換機の制御または調整;変圧器またはリアクトルまたはチョークコイルの制御 14
H04L デジタル情報の伝送,例.電信通信 14
技術分野は各案件の筆頭IPCを集計しています。

出願人 件数
BOSCH GMBH ROBERT 97
SCHAEFFLER TECHNOLOGIES AG 65
BAYERISCHE MOTOREN WERKE AG 57
FORD GLOBAL TECH LLC 53
VOLKSWAGEN AG 37
GM GLOBAL TECH OPERATIONS LLC 26
HYUNDAI MOTOR CO LTD 23
FRAUNHOFER GES FORSCHUNG 19
DAIMLER AG 19
ZAHNRADFABRIK FRIEDRICHSHAFEN 19
KIA MOTORS CORP 19
AUDI AG 19
SIEMENS AG 17
CL SCHUTZRECHTSVERWALTUNGS GMBH 14
FANUC CORP 14
CONTINENTAL REIFEN DEUTSCHLAND GMBH 14
PORSCHE AG 12
TOYOTA MOTOR CO LTD 11
CONTINENTAL TEVES AG & CO OHG 10
AIRBUS OPERATIONS GMBH 8
出願人は各案件の全体及び筆頭の出願人(共同出願を含む)を速報的に集計しているため、同一企業の異名表記等の名寄せはしていませんので、実際の件数と相違する可能性があります。

コード 件数
DE 979
US 122
JP 86
KR 46
AT 21
CH 15
SE 11
TW 8
CN 6
BE 4
FR 4
出願人国籍は全出願人を対象に集計




2018年5月9日発行分

2018年5月3日発行分

2018年4月26日発行分




 Copyright(C) 2012 Japan Institute for Promoting Invention and Innovation All Rights Reserved