「萬」 知財萬屋

 ホーム |公報類 | | | |
 韓国特許法院 主要判決集

 2015年

 2014年

 2013年

 2012年

 2011年

 2010年

 2009年

 2008年

 2007年

 2006年

 2005年






広告募集中!お問合せはこちらから


韓国主要判決集 トップに戻る

題名 判決宣告日 事件番号 種別
819 「PES」が水素、液体ガス容器などの指定商品に対して商標法第6条第1項第3号に該当するのか否か(積極) 2013.11.15 2013-6929 登録無効(商)
818 pregabalinの痛み治療に関する用途の発明である本事件特許発明の進歩性の有無(積極) 2013.10.10 2012-9839
2012-10563
2012-10679
2012-10631
2012-10754
(併合)
登録無効(特)
816 浴槽のデザイン類似可否と利用関係にあたるのか否か (消極) 2013.3.22 2012-9921 権利範囲確認(意)
815 登録デザインがデザイン保護法第5条第1項第3号にあたるとした事例 2013.4.19 2012-9990 登録無効(意)
814 米を指定商品にする登録商標「タオギ」の通常使用権者が登録商標に「ウ/ポ/沼」という標章を併記した実使用商標「ウ/ポ/沼タオギ米」をウポ沼から約6.5㎞程度離れている農地で栽培した米に使用したことが商標法第73条第1項第8号で定める商品の品質を誤認させる場合にあたるのか否か (消極) 2013.2.7 2012-9082 登録取消(商)
813 実使用商標「内部収納用パウチ」が指定商品「携帯用化粧品ケース(内容物が満たされていないもの)」と同じであるのか否か (積極) 2013.11.7 2013-4923 登録取消(商)
812 確認対象標章「神仙たこ」が商標法第51条第1項第2号にあたるのか否か (積極) 2013.8.14 2013-4640 権利範囲確認(商)
811 商標法第51条第1項第2号の適用範囲 (例示規定) 2013.7.11 2013-709 権利範囲確認(商)
810 確認対象標章「jumpoLinepark」(使用サービス業:室内遊技場フランチャイズ業)が登録商標「jumpoline park」(指定商品:室内遊具用品など)の標章と類似しているのか否か及び確認対象標章中の文字部分「jumpoline park」が商標法第51条第1項第2号にあたるのか否かに関連して 「jumpoline」の識別力可否 (積極) 2013.11.22 2013-5445 権利範囲確認(商)
809 登録商標「紅参精 G.class」と確認対象標章「紅参精G」の類似可否 (積極) 2013.11.29 2013-5360 権利範囲確認(商)
808 登録商標サービス標(少女時代)が商標法第7条第1項第11号で規定した 「需要者を欺瞞する恐れがある商標」にあたらないとした事例 2013.5.3 2012-8225 登録無効(商)
807 本事件登録商標はその指定商品の中で「ソーセージ製造のための腸、愛玩動物用衣類、犬用首輪、登山杖, 杖, 杖の取っ手、えさ袋、手網、目隠し、鞍用クッション、鞍用パッド、頭馬具、小勒(Bridoons)、鞍、はみ、鞭」に関して商標法第7条第1項第10号に該当するのか否か (消極) 2013.9.13 2013-3777 登録無効(商)
806 商標法第7条第1項第7号に関連して、出願サービス標の指定サービス業であるサービス業分類区分第43類の「カフェ業、カフェテリア業、カフェバー業」と先登録サービス標の指定サービス業であるサービス業分類区分第43類の「チキン専門食堂チェーン業、チキン専門食堂経営業、チキン専門食品紹介業、チキン専門セルフサービス食堂業」の類似可否 (積極) 2013.7.12 2013-3494 拒絶決定(商)
805 「リビング航空」が先登録商標「航空」と類似しているとして商標法第7条第1項第7号にあたるのか否か (積極) 2013.7.12 2013-3357 登録無効(商)
804 Aquascutumが先登録商標スキャトムSCUTUM又はScutum-Texと類似しているとして商標法第7条第1項第7号にあたるのか否か (消極) 2013.11.28 2013-6134 拒絶決定(商)
803 「BROOKLYN」が著しい地理的名称にあたるのか否か (積極) 2013.5.31 2013-761 拒絶決定(商)
802 商標法第6条第2項の要件である著しく認識されている範囲 2013.7.23 2012-11481 拒絶決定(商)
801 オジナルケ(指定商品:衣類、履き物など)が商標法第6条第1項第7号の識別力がない商標にあたるのか否か (積極) 2013.3.29 2013-822 拒絶決定(商)
800 LOSPAが商標法第6条第1項第7項の「需要者が誰の業務に係わる商品を表示しているものかを識別することができない商標」にあたるのか否か (消極) 2013.11.29 2013-5223 拒絶決定(商)
799 ALCOLOCKはその指定商品である「呼吸アルコール測定器、運転手の血中アルコールを感知して自動車運転を不能化する装置」などと関連して記述的標章として商標法第6条第1項第3号にあたるのか否か (積極) 2013.5.10 2012-10747 拒絶決定(商)
798 PESが水素・液体ガス容器などの指定商品に対して商標法第6条第1項第3号にあたるのか否か (積極) 2013.11.15 2013-6929 登録無効(商)
797 「出願商標チェッカーモード柄」がその指定商品である「履き物」などと関連して見た時、記述的標章として商標法第6条第1項第3号にあたるのか否か (積極) 2013.11.28 2013-4824 拒絶決定(商)
796 商標の登録無効審判中に被請求人より追加された共有商標権の商標権者に審判請求書副本などを送逹しなかったまま、一部の共有者に対して判断した審決の違法可否 (積極) 2013.12.5 2013-6066 登録無効(商)
795 積極的権利範囲確認審判事件における確認対象発明と等しい被審判請求人の特許発明が新規性がないことを理由としてその権利を否定することができるのか否か (積極) 2013.10.25 2013-976 権利範囲確認(特)
792 権利範囲確認審判の係属中、確認対象発明に対する補正があってもこれに対する別途の判断なしに補正前の確認対象発明を審判対象にして判断した審決の手続上の違法可否 (積極) 2013.7.12 2013-2392 権利範囲確認(特)
791 両立することができない他の意味を持つ構造の構成が含まれている場合、確認対象発明が特定されたと見なされれるのか否か (消極) 2013.6.28 2013-1153 権利範囲確認(特)
790 被告の登録無効審判請求を棄却した審決(以前の審決)の取消訴訟において上記審決を取消判決が確定され、特許審判院における登録無効審判を再度審理する場合、原告が特許審判院に訂正請求できるのか否か (消極) 2013.6.14 2013-877 登録無効(実)
789 製造方法が記載された物品の発明における製造方法の解釈方法 2013.8.14 2011-4608 登録無効(特)
788 審決謄本の送逹を受けた日から30日となる日が「勤労者の日」の場合、提訴期間が満了するのか否か (積極) 2013.6.7 2013-3685 登録無効(実)
787 審査前置補正において請求項を削除する補正をしながら、削除された請求項を引用する請求項の中で「引用項部分」を整理する過程で、削除された請求項を引用しない請求項の「引用項部分」もあわせて補正することにより、不必要に補正された請求項がその意味が不確かになり特許法第42条第4項第2号にあたる新しい拒絶事由が発生し、最初の請求範囲を脱するようになり特許法第47条第3項の各号に違反する場合、その補正に対して拒絶理由を通知せずに却下した特許審判院の決定が違法なものであるか否か (積極) 2013.7.25 2012-11092 拒絶査定(特)
786 請求項の解釈を通じて自然法則に違背して産業上利用することができない発明であるとして特許審判院の審決を取消した事例 2013.9.27 2013-3241 拒絶査定(特)
785 出願人が審決取消訴訟段階になって自らの補正が不適法であったので補正前の出願発明が進歩性判断対象発明にならなければならないと主張することができるのか否か (消極) 2013.2.7 2012-6304 拒絶査定(特)
784 補正却下決定に対して別途の不服審判を申し立てをしなければならない事案において、特許庁及び特許審判院が原告に補正却下決定に対し別に不服審判請求ができないという内容を含む補正却下決定書及び尋問書を発送したという理由で、出願人が補正却下決定の送逹を受けた日から30日が経過後に信頼保護原則の適用を主張して補正却下決定の違法性可否に対して争うことの可否 (消極) 2013.8.23 2012-6205 拒絶査定(特)
783 特許法第42条第4項第2号に規定された「発明が明確かつ簡潔に記載されていること」の意味及び判断基準 2013.9.13 2013-4213 拒絶査定(特)
782 特許請求範囲は特許出願人が特許発明として保護を受けようとする事項を記載したものであるので、新規性及び進歩性判断の対象になる発明の確定は特許請求範囲に記載した事項によらなければならないし、発明の詳細な説明や図面など他の記載によって特許請求範囲を制限する、或いは確張して解釈することは許容されないが、特許請求範囲に記載した事項は発明の詳細な説明や図面などを斟酌するとその技術的な意味を正確に理解することができるので、特許請求範囲に記載した事項はその文言の一般的な意味を基礎にしながらも発明の詳細な説明及び図面などを斟酌してその文言によって表現しようとする技術的意義を考察した後、客観的・合理的に解釈しなければならないと判断した事例 2013.4.11 2012-8188 登録無効(特)
781 医薬の用途発明で当該出願前に明細書記載の薬理効果を示す薬理記録が明確にされたところがなく、その明細書に治療又は予防効果を確認することができる薬理データなどの試験又はこれに代わるほどの具体的な記載もなく、明細書記載要件を満たしていない判断した事例 2013.2.7 2012-5707
2012-7871
(併合)
登録無効(特)
780 商標法第73条第1項第7号における「代理人又は代表者」の意味 2013.2.1 2012-8812 登録取消(商)


韓国主要判決集 トップに戻る

[リンク]
韓国知財法令関連資料(日本語) ※崔達龍国際特許法律事務所


 Copyright(C) 2012 Japan Institute for Promoting Invention and Innovation All Rights Reserved