「萬」 知財萬屋

 ホーム | 公報類 | | | |
 韓国特許法院 主要判決集

 2015年

 2014年

 2013年

 2012年

 2011年

 2010年

 2009年

 2008年

 2007年

 2006年

 2005年








韓国主要判決集 トップに戻る

題名 判決宣告日 事件番号 種別
165 商標法第7条第1項第11号に定める需要者を欺瞞する恐れがある商標の判断基準及び基準時点(=商標登録決定時) 2006.12.28 2006-8064 登録無効(商)
164 反社会的法律行為で無効な二重譲渡契約に基づき出願された登録発明は発明者ではない者として特許を受けることができる権利の承継人ではない者による特許出願でその登録が無効にしなければならないとした事例 2006.12.28 2005-9282 登録無効(特)
163 ビジネス方法発明において、コンピューター上でソフトウェアによる情報処理がハードウェアを利用して具体的に実現していないという理由で出願発明を拒絶した審決が正当であると判示した事例 2006.12.21 2005-11094
162 いわゆる「BM 発明」が特許法第29条第1項本文に規定された「発明」として「完成」されたか否か 2006.12.14 2006-1742 拒絶決定(特)
161 指定商品が靴下・Tシャツ・スポーツシャツ・運動用ユニホーム・運動用ストッキングなどである出願商標「AQUAMIRACLE」と先登録商標「MIRACLE」の類似可否(積極) 2006.12.13 2006-8088 拒絶決定(商)
160 特許無効審判手続きでの訂正請求が複数の訂正事項になっている場合、そのうち適法な部分のみの一部訂正が許容されるか否か(消極) 2006.12.13 2005-10916 登録無効(特)
159 類似デザインに登録された事件登録デザインが基本デザインと類似ではないので旧意匠法(2004年12月31日 法律第7289号に改正される前の法律)第68条第1項第1号、第7条第1項によってその登録が無効としならなければならないとされた事例 2006.11.2 2006-7177 登録無効(意)
158 確認対象デザインが事件登録デザイン及び事件基本デザインと類似ではないので、事件登録デザインの権利範囲に属さないとされた事例 2006.11.2 2006-6365 権利範囲確認(意)
157 事件登録デザインがひさしの透明可否などでその出願前に公知の比較対象デザインと類似ではないとされた事例 2006.9.21 2006-4475 登録無効(意)
156 事件登録商標がその指定商品のうち、動物用薬剤と関連して通常使用権者である韓国ファイザー動物薬品株式会社による取消審判請求日の3年以内前に国内で使われていたとされた事例 2006.11.16 2006-4178 登録取消(商)
155 「お玉じゃくし絵本」という記載が絵本の出所を表示する識別表示として認識されるので、商標として使われたという理由で商標登録を取消した決定が違法であるとされた事例 2006.10.19 2006-2837 登録取消(商)
154 被告が事件登録考案の登録無効審判を請求することができる適法した利害関係人で、事件第1項考案は明細書記載不備にあたるとされた事例 2006.11.23 2006-1926 登録無効(実)
153 事件特許発明の特許請求範囲が発明の詳細な説明によって裏付られるとはできないとされた事例 2006.10.12 2006-1032 登録無効(特)
152 ノート・パソコンコンピューターの形態そのものは、事件登録考案の出願当時周知・寛容の技術にあたるものと認識できるが、その形態を取って技術の分野と目的が相異なっている事件第1項考案の装置に結合することが極めて容易であるとできないとされた事例 2006.10.26 2006-459 登録無効(実)
151 数値限定発明の進歩性を認めるための要件 2006.11.29 2005-11056 拒絶決定(特)
150 いわゆる「機能的請求項」の許容可否(限定積極) 2006.11.29 2006-46 権利範囲確認(特)
149 出願商標「AQUATIMER」は商標法第6条第1項第3号に定める記述的商標にあたると判断した事例 2006.11.29 2006-7573 拒絶決定(商)
148 登録商標「Jolly pong」は確認対象商標「Jolly Good」と類似ではないので確認対象商標は登録商標の権利範囲に属さないと判断した事例 2006.11.29 2006-7207 権利範囲確認(商)
147 出願商標「何が どうして どのように」は商標法第6条第1項第7号に定める需要者が誰の業務に関連した商品を表示したものなのかを識別することができない商標にあたると判断した事例 2006.11.29 2006-6891 拒絶決定(商)
146 機能式請求項の許容範囲と解釈基準 2006.11.23 2005-7354 登録無効(特)
145 一事不再理原則において、「同一事実」が請求範囲に記載された必須構成要素に対応する構成が同じ場合に限定されるか否か(消極) 2006.11.17 2006-1513 権利範囲確認(実)
144 出願商標「Phone&Fun」は商標法第6条第1項第7号に定める需要者が誰の業務に関連した商品を表示したものなのかを識別することができない商標にあたらないと判断した事例 2006.11.15 2006-6419 拒絶決定(商)
143 無効審決が確定された商標が商標法第7条第1項第7号に定める「先出願による他人の登録商標」の対象適格があるのか否か(積極) 2006.11.15 2006-7276 登録無効(商)
142 医薬用途発明の権利範囲判断基準 2006.11.15 2005-10459 権利範囲確認(特)
141 商標法第7条第1項第11号の「需要者を欺瞞する恐れがある商標」の保護対象である「特定人の商標や商品であると認識される程度に知られた商標」における「特定人」の意味 2006.11.16 2006-2950 登録無効(商)
140 技術評価手続きでの訂正請求と補正の適法性 2006.11.2 2006-3137 登録取消(実)
139 商標登録の取消審判を請求することができる利害関係人にあたるか否かは審決当時を基準に判断しなければならない 2006.11.1 2005-4911 登録取消(商)
138 国外の同種業者がデザイン保護法第68条第1項に定めるデザイン登録無効審判を請求することができる「利害関係人」にあたる場合 2006.11.1 2006-3076 登録無効(意)
137 いわゆる「選択発明」の新規性及び進歩性判断方法 2006.11.1 2005-10107 拒絶決定(特)
136 指定サービス業のうち、「技術調査業、技術取り引き斡旋業、知的所有権ライセンシング業、知的所有権相談業、特許財産価値評価業、技術価値評価業」と比較対象サービス標の指定サービス業のうち、「コンピューター組織及びログラム開発業、機械デザイン業」の経済的関連性可否(消極) 2006.10.26 2006-2776 登録無効(商)
135 商標法第7条第1項第10号の適用要件 2006.10.19 2006-4215 登録無効(商)
134 指定サービス業のうち、「インターネットホームページ製作業、コンピューターソフトウェアデザイン業、コムピューターソフトウェア維持管理業、コンピュータープログラミング業」と比較対象サービス標の指定サービス業のうち、「ビデオテープ編集業、ニュース供給業、情報のデータベース加工編集業」の類似可否(積極) 2006.10.19 2006-4390 登録無効(商)
133 前に確定された審決の証拠と全く異なった新たな証拠のみを提出する場合には一事不再理の原則に違反しないと判断した事例 2006.9.28 2006-732 登録無効(特)
132 物品の発明の特許請求範囲にその物品の製造方法が記載されている場合、特許発明の進歩性有無判断において、その製造方法を考慮してその出願前に公知の発明などと比べなければならないか否か(限定消極) 2006.10.11 2005-10831 登録無効(特)
131 医薬の用途発明における医薬用途に係る請求項の記載程度 2006.10.11 2005-7545 拒絶決定(特)
130 登録サービス標及び業務標章「芸術の殿堂」は記述的商標にあたり、その商標登録決定時に使用による識別力を取得することもできなかったのでその登録が無効であると判断した事例 2006.10.11 2006-1841 登録無効(商)
2006-1797
2006-1810
2006-1865 (併合)
129 確認対象標章「大田文化芸術の殿堂」、「清州芸術の殿堂」、「議政府芸術の殿堂」は記述的標章にあたるので、登録標章「芸術の殿堂」はその効力が上記確認対象標章に及ばないと判断した事例 2006.10.11 2006-1834 権利範囲確認(商)
2006-1803
2006-1827
2006-1858  (併合)
128 「STARBUCKS」と「STARPREYA」は相互に類似した商標にあたらないと判断した事例 2006.9.20 2006-5072 登録無効(商)
127 「CINNAMON」が商標法第6条第1項第3号の記述的標章にあたるか否か(積極) 2006.9.8 2006-4444 拒絶決定(商)
126 確認対象発明の特定程度 2006.9.21 2005-10442 権利範囲確認(特)
125 事件登録商標「GOOD START」と先登録商標「START」の類似可否 2006.9.21 2006-6112 拒絶決定(商)
124 権利対権利間の積極的権利範囲確認審判の許容可否及び利用関係の判断基準 2006.9.20 2005-10022 権利範囲確認(実)
123 漢字とハングルを上下併記した商標と同一性の範囲内にある商標の範囲 2006.9.14 2006-2585 登録取消(商)
122 審決取消確定判決の拘束力が及ぶ範囲 2006.9.14 2006-1223 登録無効(特)
121 性質又は特性などによって物品を特定しようとした記載を含む出願発明の新規性及び進歩性の判断方法とその認定事例 2006.9.6 2005-4713 拒絶決定(特)
120 「NEUTRA-ACTIV」と「NUTRIACTIVE」が標章が類似した商標にあたるのか否か(積極) 2006.8.24 2006-3182 拒絶決定(商)
119 識別力がない又は微弱な部分のみで重要部分とすることができない全体観察とした事例 2006.8.10 2006-2851 拒絶決定(商)
118 訂正が特許請求範囲の実質的変更にあたるとした事例 2006.8.17 2005-9749 訂正(特)
117 商標法第7条第3項但書きの適用範囲 2006.8.24 2005-9312 拒絶決定(商)
116 審査前置手続きで明細書を補正したにもかかわらず、その補正以前の出願発明を審判対象にして審決をしたが、判断結果に影響を及ぼさないので違法ではないとした事例 2006.8.3 2005-5693 拒絶決定(特)
115 ハンドバッグとショルダーバッグは取引き通念上同じ商品であると判断した事例 2006.8.2 2006-2394 登録取消(商)
114 消極的権利範囲確認審判請求人は、審決取消訴訟で確認対象発明が登録発明の権利範囲に属さない事由を主張・立証する責任を負うと判断した事例 2006.8.2 2006-2295 権利範囲確認(特)
113 積極的権利範囲確認審判において審判請求の対象となる技術内容が特許発明と相互に対比できるように特定されず、被審判請求人が実施していない物品を対象にしたものとして不適切であると見なし、これとは別に判断した審決を取消した事例 2006.6.30 2005-6818 権利範囲確認(特)
112 血糖測定器と外科用インプラント手術器具などが一般取り引きの通念上、同一又は類似の商品であると言えないとされた事例 2006.7.14 2006-3571 拒絶決定(商)
111 特許権の権利範囲確認審判において確認対象発明の補正により審判請求の対象になる技術内容が特許発明と相互に対比することができるように特定されたとしてこれとは別に判断した審決を取消した事例 2006.7.14 2005-9152 権利範囲確認(特)
110 訂正請求が誤った記載を訂正する場合にあたるとしにくく、請求範囲を実質的に変更する場合にも該当するので違法するとされた事例 2006.7.7 2005-7057 登録無効(実)
109 ホテル業などのサービス標である「HOTEL RITZ」、「RITZ」と「リッチプラザホテル」の類似可否(積極) 2006.7.19 2006-2080 拒絶決定(商)
108 登録無効審判請求人は審決取消訴訟でその登録無効事由を主張・立証する責任を負うと判断した事例 2006.7.19 2005-10565 登録無効(特)
107 商標法第7条第1項第12号の同一又は類似の商標 2006.7.7 2005-11049 登録無効(商)
106 補正前の出願発明を審判対象にした審決の違法可否 2006.6.23 2005-7903 拒絶決定(特)
105 確認対象考案が登録考案の一部構成を欠いている場合、その権利範囲に属するのか否か(消極) 2006.7.14 2005-7309 権利範囲確認(特)
104 商標法第73条第1項第3号の「登録商標をその指定商品に使った場合」の意味 2006.7.6 2006-824 登録取消(商)
2006-831  (併合)
2006-1421 (併合)
103 確認対象標章が商標法第2条 6項の「商標の使用」などに当たらないとされた事例 2006.7.7 2006-3458 権利範囲確認(商)
102 商標法第73条第1項第8号の適用事例 2006.6.29 2006-3113 登録取消(商)
101 権利対台権利間の積極的権利範囲確認審判の適法可否(限定消極) 2006.7.7 2005-11087 権利範囲確認(実)
100 商標法第7条第1項第11号に定める「需要者を欺瞞する恐れがある商標」であるか否かの判断基準 2006.7.6 2006-2424 登録無効(商)
99 デザインの同一・類似の判断基準 2006.6.22 2006-1636 登録無効(意)
98 指定商品が「CD-ROM、DVDプレーヤー、MP3プレーヤーなど」である出願商標「オートナラ(自動国)」が記述的商標なのか否か(積極) 2006.6.21 2006-2998 拒絶決定(商)
97 実用新案の登録無効審判手続きで訂正申し込みとこれに関連する審決が成立した場合、その審決取消訴訟での判断事例 2006.6.21 2005-6603 登録無効(実)
96 1つの特許請求項の一部に未完成発明という特許無効事由があり、その請求項全部が無効と判断した事例 2006.6.21 2005-6030 登録無効(特)
95 両発明が同じ技術分野に属すると判断した事例 2006.6.21 2005-5501 登録無効(特)
94 商標法第23条第1項第4号の商標法第2条第1項第1号の規定による標章の定義に合致しない場合の判断基準 2006.6.16 2006-2332 登録無効(商)
93 「貨車制動装置用膜弁式制御バルブ」に関する実用新案が進歩性がないとされた事例 2006.6.2 2005-3758 登録無効(実)
92 薬酒、穀酒、醗酵酒などの包装用ビン又はパック外周円部に巻いて附着する「ラベル」に関し、事件登録デザインがその出願前に公告の商標公報に掲載された商標のデザインと類似であるという理由で無効とされた事例 2006.5.19 2006-428 登録無効(意)
91 「鉄材ショーケース開き戸のレール装置」に関する実用新案が進歩性がないとされた事例 2006.5.19 2005-5938 登録無効(実)
90 「温水暖房兼用ガスボイラーにおける温水使用後の暖房設定時3方弁移動及び燃焼制御方法」に関する特許が新規性がないとされた事例 2006.6.16 2005-4959 登録無効(特)
89 事件特許発明は比較対象発明の特許請求範囲よりさらに広い範囲を特許請求範囲にしているので、比較対象発明に比べて構成の特異性がなく、その特許登録が無効としなければならないと判示した事例 2006.6.16 2005-7002 登録無効(特)
88 商標の構成部分のうち、識別力がない又は微弱な部分が要部となることができるのか否か(消極) 2006.6.16 2006-2967 拒絶決定(商)
87 「家庭用電気ミキサー、家庭用電気式泡立て器、家庭用電気式果物圧搾機、家庭用電気式粉砕機、家庭用電気式混合機」と「電機ストーブ」が非類似であるとした事例 2006.6.16 2006-2431 拒絶決定(商)
86 訂正前の請求範囲を審判対象とした審決の適法可否 2006.6.7 2005-4058 権利範囲確認(実)
85 比較対象商標の使用者がその商標使用の開始当時に登録商標権者の登録商標使用事実が分かっていたとしても登録商標が商標法第7条第1項第11号に定める需要者を欺瞞する恐れがある商標にあたると判断した事例 2006.6.7 2005-9091 登録無効(商)
84 出版業者の商品という性格が明確に現われる辞書類、年鑑類、中高生学習図書、文庫類、全集類などの題名はその著作物の名称であると同時に出版業者の出処表示としての機能を持っており、自他商品識別表示としての性格を持つ 2006.5.24 2005-8197 登録無効(商)
83 「ヘッバン」の指定商品である「包装ご飯、お弁当ご飯」などと「ヘッバン器」の指定商品である「ガス炊飯」の間に経済的関連性があるのか否か(積極) 2006.5.25 2006-268 拒絶決定(商)
82 棄却された訂正請求に対して審理し訂正請求を引用した後、それと一緒に訂正された明細書を基礎として特許発明を有効であると判断した審決の違法可否(積極) 2006.5.18 2005-6320 登録無効(特)
81 サービス業と商品の間の類似可否判断基準 2006.5.19 2006-2110 拒絶決定(商)
80 事件登録商標が商標法第7条第1項第11号で規定している需要者を欺瞞する恐れがある商標又は商標法第7条第1項第4号で規定した公共の秩序又は善良な風俗を乱す恐れがある商標とできないとされた事例 2006.5.12 2005-10657 登録無効(商)
79 「栄養蛍(YEONG YANG FIREFLY)」と「蛍(FIREFLY)」は外観上では相異なっているが、観念及び称号が類似しており、相互に類似の標章であると判断した事例 2006.4.26 2005-10855 登録無効(商)
78 「唐辛子」と「唐辛子粉」は相互に類似した商品であり、「唐辛子」と「醤油、コチュジャン、みそ」は相互に類似しない商品であると判断した事例 2006.4.26 2005-9664 登録無効(商)
77 商標法第6条第1項第7号の判断基準 2006.4.28 2005-10671 登録無効(商)
76 「横断歩道用照明装置」という特許が比較対象発明から容易に発明することができるものであり進歩性がないという理由で登録を取消した決定が正当であるとされた事例 2006.4.28 2005-4256 取消決定(特)
75 商標類似可否判断において全体観察によって類似可否を判断した事例 2006.4.28 2006-381 拒絶決定(商)
74 取消しされた審決を再度審理されるようになった特許審判院での以前の審判手続き代理人に行った送逹の効力 2006.4.13 2006-978 取消決定(商)
73 被告特許庁が審決で行った拒絶決定の理由と異なる新たな拒絶理由として審決で判断されないものを主張・立証する場合、特許法院がこれを審理・判断することができるのか否か(消極) 2006.4.13 2005-4720 拒絶決定(特)
72 商標法第7条第1項第12号に規定されたいわゆる周知・著名商標の判断基準 2006.4.13 2005-10121 登録無効(商)
71 デザインの対象である「曲線屋根フレーム」の創作性可否判断 2006.4.13 2005-6672 登録無効(意)
70 先登録商標である「Web's Cool!」は取り引き通念上、「Web's」と「Cool!」に分離観察されず、出願商標である「WEPS」と類似ではない 2006.4.6 2005-10961 拒絶決定(商)
69 共通通信ラインを通じて送信されたダイエット情報を出力するためのデジタル体重計システム及び方法に関する特許が明細書記載要件を満たし、進歩性もあるとされた事例 2006.4.7 2005-2182 登録無効(特)
68 商標法第73条第1項第2号の判断基準 2006.4.7 2005-5907 登録取消(商)
67 医薬品である指定商品に外国語商標「ELOCOM」とそのハングル音域商標「エロコム」を一緒に表記する事情が認められる場合、その外国語商標の呼称は「エルロコム」ではなく「エロコム」として見なければならないと判断した事例 2006.4.5 2005-8951 拒絶決定(商)
66 「Ubiquity」はその指定商品及び指定サービス業の効能や用途などをふつうに使う方法で表示した標章のみからなる商標として識別力がないとされた事例 2006.4.5 2005-9787 拒絶決定(商)
65 先登録商標「Mr.Lonely」、先出願サービス標「Animal Planet」と出願商標 「lonely planet」の類似可否(積極) 2006.4.7 2005-10350 拒絶決定(商)
64 1つの実用新案登録請求範囲の項の一部が公知技術の範囲に属して特許無効事由がある場合、その項全部が無効なのか否か(限定積極) 2006.4.6 2005-1844 登録無効(実)
63 「サービス標の使用」の概念 2006.4.6 2005-9053 権利範囲確認(商)
62 専門的な技術用語の場合でも商標法第51条第1項第2号に定めるいわゆる性質表示商標と見なされるのか否か(限定積極) 2006.4.6 2005-8890 権利範囲確認(商)
61 商標の類似可否判断において全体観察と要部観察の関係 2006.4.6 2005-9756 拒絶決定(商)
60 数値限定発明で数値限定に特別な技術的意義がなく特を許受けることができないとされた事例 2006.3.31 2005-3842 拒絶決定(特)
59 「化粧品類」と「時計類、貴金属製宝石類及び装身具類」の間には需要者欺俗商標にあたるほどの経済的関係がないと判断した事例 2006.3.29 2005-9145 登録無効(商)
58 化粧品類の商標である「UNSTRESS」と「STRESS-OUT」の類似可否 2006.3.29 2005-4638 拒絶決定(商)
57 基本デザインとその類似デザイン及び確認対象デザインを総合的に対比して類似可否を判断した事例 2006.3.31 2005-10312 権利範囲確認(意)
56 「コリアン炭火鶏肉バーベキュー」という標章が記述的標章として識別力がなく、使用による識別力も認めることができないとされた事例 2006.3.31 2005-9343 権利範囲確認(商)
55 新聞の名称である「大邱新聞」が著名な地理的名称にあたり、使用による識別力も認めることができず、商標登録することができないとされた事例 2006.3.31 2005-10244 拒絶決定(商)
54 指定商品「生け花の支持物として使われるスポンジ材(floral foam for wet and dry floral arrangements)」と「プラスチック版、ビニールシート、プラスチックシート」の同一・類似可否(消極) 2006.3.24 2005-8043 拒絶決定(商)
53 サービス標「かめ」が商標法第51条第1項第2号に規定された使用サービス業の品質・效能・生産方法・加工方法などをふつうに使う方法で表示した標章にあたるのか否か(積極) 2006.3.24 2005-8647 権利範囲確認(商)
52 登録考案が新規性はあるが進歩性がない場合、無効審決の確定前に他の手続きでその権利範囲を否定することができるのか否か(消極) 2006.3.24 2005-2878 権利範囲確認(実)
51 「アルモン」と「Art 毛 アルモ」が類似の商標にあたるのか否か(積極) 2006.3.23 2005-3062 登録無効(商)
50 「GPSONE」が位置追跡用ソフトウェアなどと関連して識別力がないと判断した事例 2006.3.10 2005-9725 拒絶決定(商)
49 「仁産硫黄鴨」と「地元村仁山家」は相互に類似な標章であると判断した事例 2006.2.9 2005-8678 拒絶決定(商)
48 金属製棟瓦に関する登録実用新案が比較対象考案に比べて新規性、進歩性があるとされた事例 2006.1.26 2005-1615 登録無効(実)
47 特許権が消滅した場合、権利範囲確認に関する審決取消訴訟の訴益(消極) 2006.1.26 2003-564 権利範囲確認(特)
46 特許法院2006.1.19宣告2005許6344判決[登録取消(商)] 2006.1.19 2005-6344 登録取消(商)
45 特許法院2006.1.19宣告2004許6507判決[登録無効(特)] 2006.1.19 2004-6507 登録無効(特)
44 特許法院2006.1.12宣告2005許7477判決[登録無効(意)] 2006.1.12 2005-7477 登録無効(意)
43 特許法院2006.1.12宣告2005許7873判決[登録無効(商)] 2006.1.12 2005-7873 登録取消(商)
42 特許法院2006.1.13宣告2005許8272判決[登録無効(商)] 2006.1.13 2005-8272 登録取消(商)
41 特許法院2006.1.13宣告2005許7866判決[登録無効(商)] 2006.1.13 2005-7866 登録取消(商)
40 特許法院2006.1.13宣告2005許1974判決[拒絶決定(特)] 2006.1.13 2005-1974 拒絶決定(特)
39 特許法院2006.1.12宣告2005許7750判決[拒絶決定(商)] 2006.1.12 2005-7750 拒絶決定(商)
38 特許法院2006.1.12宣告2004許8022判決[権利範囲確認(特)] 2006.1.12 2004-8022 権利範囲確認(特)

韓国主要判決集 トップに戻る

[リンク]
韓国知財法令関連資料(日本語) ※崔達龍国際特許法律事務所


 Copyright(C) 2012 Japan Institute for Promoting Invention and Innovation All Rights Reserved